不登校は子どものせいじゃない!お子さんに合った通学スタイルを探そう | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る
TOPへ戻る

保護者向け通信制高校の選び方

学校選び・入試

不登校は子どものせいじゃない!お子さんに合った通学スタイルを探そう

※掲載情報につきましては、内容が変更されている場合もございます。詳しくは各キャンパスにご確認ください。 ※キャンパスごとに内容が異なる場合がありますので、詳しくは各キャンパスにご確認ください。

2018年11月08日(木)

不登校になる生徒の比率は年々高くなっており、誰にでも身近な問題になっていることを、皆さんはご存知でしょうか。もし、お子さんが不登校になってしまったら…。戸惑ってしまう保護者の方々のために、不登校に関する公的データと合わせ、一人一人のスタイルに合った学校選びについて、解説したいと思います。

中学校では1クラスに1人が不登校

文部科学省が発表した令和元年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」によると、中学生1,000人あたり39.4人(3.94%)、高校生15.8人(1.58%)が不登校である、ということが分かりました。中学1クラスが30名と仮定した場合、クラスに1名は不登校の生徒がいる計算になるため、不登校はもはや他人事ではないことが、データで示される結果となっています。

不登校の要因としては「無気力」「不安」がそれぞれ割合として高く、「学校における人間関係」「あそび・非行」が続いています。学校に行きたいけど、行きたくなくなってしまうきっかけというのは、実際には単純ではありません。勉強に付いていけなくなった、朝早く起きれない、保護者の期待に応えられずに燃え尽きてしまったなど、複数の理由が組み合わさっていることが多いため、本人もどうして良いか分からず、心理的にますます大きなプレッシャーを感じてしまうのです。

令和元年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」(文部科学省)

カウンセリング体制の充実度を確認

このように、不登校はどの家庭にでも起こり得ることであり、特別な悩みではありません。近年では、必ずしも全日制高校に通うだけが人生の選択肢ではなくなっており、多様な進路を選ぶことができます。

「進学した学校に馴染めなかった」という理由で退学したお子さんが、編入で通信制高校に移り、学習環境を変えるだけで状態が改善することがあります。また、人と接するのが苦手というタイプのお子さんには、年数回のスクーリングとレポート、単位認定試験で卒業ができる通信制高校を選ぶ道もあります。

学校選びの上で、スクールカウンセラーが常駐しているかどうかは一つのポイントとなります。スクールカウンセラーは原則、臨床心理士の有資格者であることが基本的要件となっていますが、中には資格を持たない教育相談員が担当することもあります。生徒のサポート体制にどの程度力を入れているか、各学校へ事前に確認した方が良いでしょう。

学習進度に合わせて学べるかどうか

お子さんの学習進度に合わせて、きめ細やかな指導を行ってくれるかどうかも、大切な判断基準です。中には少人数制・担任制などを採用していたり、系列のサポート校の通学と合わせて、学習のフォローアップを行っていたりなど、親身な教育が魅力の学校もあります。本人に合った学習スタイルを選択することが、卒業への近道となるでしょう。

さらに、最近ではスマホやタブレット、パソコンからアクセスできるWEB学習に力を入れている通信制高校が増えています。時間や場所を気にすることなく、自宅や出先からアクセスしてレポートに取り組み、ネット上でそのまま回答して提出することができるため、お子さんによっては、WEB学習の方がマイペースに勉強を進められるかもしれません。

年数回から週5日まで、選べる通学頻度

通信制高校では、年数回のスクーリングから、週1日、または週3日~5日まで、学校によって幅広いコースから通学スタイルを選ぶことができます。通学日数が増えることで、規則正しい生活や学習のリズムが生まれ、同世代の友達を作り、学生らしい思い出ができることでしょう。また、学校によっては途中から通学コースを変更できるため、無理なく楽しい高校生生活を送ることができるはずです。


不登校になっても、自分に合う学習スタイルを選択することで、卒業を目指すことができるのが通信制高校の利点です。社会に出て花開くために、お子さんの個性に合わせた学校を選び、将来に向けた準備を進めていきましょう。

この記事を共有
  • twitter
  • line
  • facebook

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

前のページに戻る

1表示している学校を

2資料請求リスト