通信制高校には、友達ができるイベントばかり! | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

通信制高校には、友達ができるイベントばかり!

通信制高校には、友達ができるイベントばかり!

学校を選ぶ際にどうしても気になってしまうことと言えば、「友達ができるか」ではないでしょうか。
「集団生活や自分から話しかけるのは苦手…でも、友達はつくりたい!」
そう思うのは当然のこと。友達がいれば日々の通学やスクーリングにもワクワクできますし、人間関係によって学校生活はどんどん彩られていきます。

全国にキャンパスを展開する『飛鳥未来高等学校』では、コースや学年を問わず誰もが自然と仲良くなれるイベントをはじめ、無理なく学校に馴染めるサポート体制を用意しています。
今回は、同校の各キャンパスでどのようなイベントやサポートを行っているかを伺いました。ぜひ来るべきスクールライフへの想像をふくらませてください!

参加自由のイベントが盛り沢山!

飛鳥未来高校には、どのキャンパスでも毎月何かしらのイベントが用意されています。
今年度からキャンパス対抗となった春の「体育祭」。模擬店やおばけ屋敷、軽音楽部の発表会など、みんなでワイワイできる秋の「文化祭」は高校生活に欠かせないモノ。
それだけではなく、「ボウリング大会」や「農業体験」、「日本文化鑑賞会」、異文化交流の一環として英語でゴスペル系の歌とダンスを披露する「ヤングアメリカンズ」、地震や台風を体験する「消防庁防災体験」、さらにほとんどの生徒が参加するという「ディズニー遠足」まで、さまざまです。

実は、これほど多くのイベントを催しているのには理由があります。
イベントが近づくとみんなテンションが上がり、生徒間のコミュニケーションも自ずと活発になっていきます。しかし、どのイベントも基本的に自由参加。そのため、「参加したくなるイベント」を増やすことで「コミュニケーションが生まれる機会」を増やし、友達関係を築くきっかけをたくさん作っているのです。

運動が苦手な体育祭は参加しなくてもOK。でも、陶芸教室でキラリと光るセンスを見せて、一躍注目の的に。
そんな風に得意なことを積み重ねながら少しずつ自信をつけていけるのが、同校ならではの学校生活です。

参加自由のイベントが盛り沢山!

「話しやすい先生」には理由がある!

同校に通う生徒に「学校の良いところ」を聞くと、必ず出てくるのが「先生との距離の近さ」。同じ目線に立って何でも相談できるから、つい話したくなってしまうそうです。
これにもしっかりとした理由があり、先生は全員『不登校対応カウンセリング基礎』を学んだ青少年健全育成のスペシャリトたち。毎日の声掛けを絶やさず、どんな話にもじっくり耳を傾け、その上で適切なアドバイスをしてくれるから、人間関係や勉強など学校生活に関わることはもちろん、趣味やプライベートの話でも盛り上がれます。

まだできたばかりの『綾瀬キャンパス』では一昨年の3月に初めて卒業生を送り出しましたが、卒業しても学校で築いた先生との絆は変わらないもの。同キャンパスは「卒業生がいつでも帰ってこれる場所」として、卒業生が顔を見せたら「おかえり」と声を掛け生徒との末永い関係を育もうとしています。

一方、最大級の生徒数を抱える『池袋キャンパス』では先生方がこれまでの経験を活かし、ちょっとした態度や授業の様子から「変化を察する」ことに長けているのが特徴です。話しやすい空間づくりを心掛け、例えば進路の話からそれとなく悩みを聞き出すのも指導の一環と捉えています。

生徒のメンタルケアを重視している『千葉キャンパス』では、毎週金曜にスクールカウンセラーとも話すことができます。家族にも、友達にも、先生にも話しにくい…でも、誰かに聞いてほしい時ってありますよね。同キャンパスは、そうした時もフォローできる体制を整えています。

「話しやすい先生」には理由がある!

充実したイベントとサポート体制のもと、友達や先生とすぐに仲良くなれるのが飛鳥未来高校の魅力です。

例えば、英語の歌とダンスを披露する『ヤングアメリカンズ』では約350名の生徒・先生が参加しますが、教えてくれるのは世界中を回っている劇団のワークショップ。そのため、「あなたはこの1行を歌う」という指示も英語で行われます。
ネイティブ英語で矢継ぎ早に指示されると、ほとんどの生徒は「自分にできるかどうか」という判断が追い付かないそうですが、このイベントの肝はまさにその部分。「なんだかよくわからないけど、とりあえず自分のパートはやってみる」「みんなの前で何かを表現する」というチャレンジを成功と捉えているので、それさえできれば失敗はありません。

みんなで協力して1つのイベントを作り上げていく過程では、より多くのコミュニケーションが生まれるもの。英語を話せる生徒が周囲をフォローするなど、コースや学年に関係なく自然と仲良くなれる――飛鳥未来高校の年間スケジュールには、そうしたイベントがたくさん盛り込まれています。
そして、多くの生徒が自信を取り戻し、協調性を養いながら、学校生活を謳歌しています。

通信制高校を探す

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC