高校生活をはじめる前に、まずは体験!みらいの教室! | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

高校生活をはじめる前に、まずは体験!みらいの教室!

高校生活をはじめる前に、まずは体験!みらいの教室!

「いまは不登校だけど、高校には通いたい」
「友達と笑い合える、楽しいスクールライフを送りたい」

そう思っても、いざ最初の一歩を踏み出すのには勇気がいるもの。

特に、学校から遠ざかった期間が長くなればなるほど振り絞る勇気も大きくなり、「やっぱり自分には無理かも…」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

通信制高校の『飛鳥未来高等学校』では、まず学校に慣れてもらうために中学生を対象にしたプレスクール「みらいの教室」を開催しています。

実はこれ、「高校進学を迷っている中学生に、飛鳥未来のありのままを自分たちの言葉で伝えたい」という生徒の発案ではじまったもの。

そして、このプレスクールへの参加者は年々増加し、「みらいの教室」に参加したほとんどの生徒は同校への入学を決めているそうです。もちろん、中学の時に不登校だった生徒たちも。

入学の決め手は、一体なんなのか。

同校の池袋・綾瀬・千葉キャンパスに取材を行い、「みらいの教室」について教えていただきました。

月1登校の習慣をつけ、学校を楽しい場所に変える!

月1登校の習慣をつけ、学校を楽しい場所に変える!

「みらいの教室」は、中学の授業とさまざまなレクリエーションを行うプレスクールです。
月に1度のペースで開催され、教室に入ったら挨拶からスタート。国数英社理の5教科を中心に毎回異なる授業を行い、「登校」と「学校の机で学ぶ」習慣をつけていきます。

その後は、みんなでレクリエーション。参加者と生徒会に所属する在校生でグループになり、クッキーを作ったり、ハロウィンのメイクをしたり、クリスマスカードを書いたり、高校生活にワクワクできるような体験してもらいます。

学校説明会ではなく、あくまでプレスクールという位置づけなので、何よりも「学校を楽しんでもらえる企画」を用意しているのが「みらいの教室」ならではのポイント。 また、月に1度とはいえ何度も通うちに顔見知りの生徒や先輩がどんどん増えていき、「次の開催はいつだろう?」と心待ちにする生徒も。実際、入学前にSNSを交換して友達になってしまう生徒もいるそうです。

それぞれのキャンパスの魅力も知ってほしい!

それぞれのキャンパスの魅力も知ってほしい!

札幌から沖縄まで全国に展開している飛鳥未来高校には多くの在校生がおり、そんな在校生数の多さは「みらいの教室に参加して入学を決めた生徒」の多さが直結しています。
内容は各キャンパスにより異なりますが、『池袋キャンパス』では英語カルタやスライムづくりの実験など授業にも遊び心を取り入れているのが特徴。そうして「高校での学び」を具体的にイメージしてもらい、「また来たい」と思ってもらえることに力を入れています。

また、『綾瀬キャンパス』では、「ここならずっと通っていける」という自信をもってもらうことを大切にしています。学力が理由で不登校になっている生徒であっても、授業と聞いて「先生に当てられるかも…」と不安にならないように、回答を求める時はあえて指名せず、手を挙げてもらうだけにしています。

しっかり中学の勉強を学び直すことで、高校生活を満喫する「きっかけづくり」を行っているのです。

通信制高校への進学・転編入を考える理由は人それぞれなので、『千葉キャンパス』で重視しているのは「生徒の意志」です。

「みらいの教室」は生徒のみが参加し、保護者は別室で待機しています。高校に通うのは、あくまで生徒。これも同年代のコミュニケーションを活発にするための措置ですが、だからこそ「本当に通いたいか」を自宅でしっかり確認してほしいと考えています。

入学前に意志を固めることができれば、もう大丈夫。3年間を毎日楽しく過ごせるはずです。


どのキャンパスにも共通しているのは、「みらいの教室」に参加した入学者が増えていることです。
入学前に先輩から本音を聞け、さらに友達もできる。その結果、飛鳥未来高校は「選ばれる通信制高校」へと成長してきました。

今回の取材を通して私たちも再認識したのは、「みらいの教室」では月1開催という間隔を活かした「成功体験」が得られる、ということ。

例えば、在校生には小学4年生から不登校になっていた生徒もいますが、いくら当校日数が少ないコースを選んでもいきなり登校するのは難しい場合があります。しかし、月に1度の「みらいの教室」に参加し、少しずつ頻度を増やしていけばそれが「プレスクールにずっと参加できた」という成功体験となり、入学後の大きな糧となるのです。

「みらいの教室」へのエントリーシートはそのまま入学試験に必要な作文の代わりにもなるため、少しでも興味が湧いたらぜひ一度足を運んでみてください。

この記事に関連するおすすめ学校

一括資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC