これから進路を決める人におすすめ!合同説明会のメリットとは | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

これから進路を決める人におすすめ!合同説明会のメリットとは

通信制高校に在籍している人数は2018年10月現在、、全国で約19万人と言われています。しかしまだ通信制高校に対して十分な理解が得られず、選択肢にないまま進路を迷うケースも少なくありません。

「全日制と通信制、どちらにしようか迷っている」
「進路先に対してまだ具体的に何も決めていない」
「通信制高校がどういった学校なのか雰囲気も分らない」
そういう人はぜひ、複数の通信制高校が集まる「合同説明会」の参加をおすすめします。

参加者にとって合同説明会のメリットとは?

複数の学校を一度に比較できることが最大のメリットです。通信制は選ぶ学校によって登校日数や学習環境、サポート体制などが多様なので、合同説明会ではそのような多様な学校の中から自分にあった学校を比較検討できる良い機会になります。

どういう人が合同説明会に参加するべきなのか

  • 進路をこれから検討する
  • 進路先としての目標校が決まっていない
  • 全日制と通信制、どちらに行こうか迷っている
  • 通信制高校の選択を考えているものの「通信制」に対するイメージがはっきりとしていない
  • 通信制高校への進学・転学に漠然とした不安や疑問を抱えている

1つでも当てはまる人は、合同説明会の参加をおすすめします。

通信制高校は学校によって様々な学習スタイルがあるため、まずは合同説明会でどんな学校があるかという情報収集をするだけでも収穫はあるはずです。

多くの学校の情報を得る中で、自分が学校にどのような条件を求めているかが分かってくるということも少なくありません。例えば「通学頻度」や「学習環境」「学校行事」など、自分が学校を決める上で何を重視しているのかわかってくるはずです。

合同説明会で様々な学校を知り、その後、自分の気になった学校の個別相談会へ足を運びましょう。逆にもう進路先を決めている場合は個別相談会だけで良いかも知れません

保護者と本人(生徒)、どちらの参加が良いか

可能であれば本人と保護者の両方で参加するのがベストです。それは、最終的に高校生活を送るのは生徒なので、自らの高校生活をしっかり歩むためにも本人の決断が欠かせないからです。

しかし、それぞれのご家庭の事情に合わせて、まずは保護者による情報収集の場として利用とすることでも十分に利用価値があります。次の一歩につなげるためにも、ぜひ合同説明会に参加してご家庭に情報を持ち帰ってください。

実際の雰囲気がわかる「オープンキャンパス」

これからは文化祭などの学校行事と合わせた「オープンキャンパス」や「個別相談会」が行われる時期でもあります。オープンキャンパスでは、その学校の雰囲気を感じたり実際に通っている生徒を見ることができるので、合同説明会で気になった学校があった場合や、既に進路先を決めている場合はぜひ参加してみると良いでしょう。

あなたが高校生活に求めるものは何ですか?

「一生涯の友達ができた」
「生徒同士で企画した学校行事は最高の思い出」
「自分の夢(やりたいこと)が見つかった」

これはすべて通信制高校に通っている生徒から聞いた言葉です。


合同説明会・学校別の説明会は定期的に全国各地で開催されているので、まずは自分が通うであろう“都道府県”で行われる説明会を探してみると良いでしょう。

また、10月22日(月)には、福岡県内にある様々な特徴を持った11の通信制高校が集まった合同説明会が行われます。福岡県内で高校進学を探している人はぜひ、どういった高校生活を送れるのか、この合同説明会で確認してみてください。

【取材協力】 ※順不同

この記事に関連するおすすめ学校

一括資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC