好きなモノが、もっと好きに。やりたいことが、できることに | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

好きなモノが、もっと好きに。やりたいことが、できることに

日本航空高校 通信制過程 教頭・センター長 佐藤 美文様
日本航空高校 通信制過程 教頭・センター長 佐藤 美文様

将来の夢をどの段階で抱くか――この時期により、人生は大きく変わる可能性があります。
「プロのダンサーになって大きなステージで踊りたい!」

「誰もが知るようなメイクアップアーティストに!」

「パイロットやキャビンアテンダントになって世界中を飛び回る!」

「何歳になっても夢は叶えられる」と言いますが、こうした目標を多感な15歳で抱くのと20歳を過ぎて抱くのでは、その後の行動に大きな差が出ます。

『東京芸能学園 高等部』、『青山ビューティ学院高等部』、『日本航空高校 通信制過程』の3校はそれぞれ専門のコースを設け、高校生のうちから「夢の土台」を築くことができる通信制高校です。

「やりたいことが見つからない」「学校生活がつまらない」と思っている方もいるかもしれませんが、夢の実現に向けて動き出すのに「早すぎる」ということはありません。

3校の取り組みや実際に学んでいる生徒の様子から、夢のためにがんばる意義や大切さを改めて見つめ直しましょう。

青山ビューティ学院高等部 副校長 関野里美様
青山ビューティ学院高等部 副校長 関野里美様

「夢」はなぜ必要なのか…?

『東京芸能学園 高等部』は、ダンス科、芸能科、普通科の3コースを選べる学校です。特に、プロのダンサーや芸能界デビューを目指している生徒たちは、いつも前向き。「もっと上手くなりたい」という一心でレッスンに励んでいます。
自分の好きなことに真剣に取り組んだ経験は夢を叶えた際のベースとなり、たとえ他の道を選んだとしても努力の過程で得たものがなくなるわけではありません。むしろその経験から新しいアイデアや発想が生まれるなど、人生の幅を広げてくれるのです。

生徒の真剣さでは勝るとも劣らないのが、『青山ビューティ学院高等部』です。ヘア・メイク・ネイル・ファッションなどビューティ系のプロを目指す生徒が通う同校では、多感な時期に感性や感覚を磨くことで熱量をもって何事にもチャレンジできる環境を整えています。

中学生の段階で親を説得して入学するような意思の強い生徒が多く、その集中力には先生たちも驚くほど。自身のスキルアップが将来につながることを自覚しているからこそ、「本気を出せる」のかもしれません。

一方、『日本航空高校 通信制過程』にはパイロットやキャビンアテンダント、整備士など航空業界で働くことを夢見る生徒が集まっています。同校が大切しているのは、すべての職種に共通する「飛行機」を好きになってもらうこと。その上で、自由な校風のもと1人ひとりの目的意識を育てています。
パイロットやキャビンアテンダントとして活躍するためには何が必要かと考えると、英語力の向上のみならず、基礎的な学習も必然的に取り組まなければなりません。しかし、目的意識があればそれまでの「受け身」から「自ら進んで」学習に取り組めます。希望の仕事に就くための力強い一歩が踏み出せるのです。

早いうちに夢をもてば、「実現するために何をすれば良いのか」とじっくり考えられる余裕を持てます。壁にぶち当たっても、乗り越えようとする意志を持てます。壁が高いからといって迂回する道を探すような、打算的な考えには至りません。

チャレンジする意志を育てる――これこそ、多感な高校生が夢をもつことの最も大きな意義ではないでしょうか。

東京芸能学園 高等部 教務主任 田中 貴文様
東京芸能学園 高等部 教務主任 田中 貴文様

同じ夢をもつ仲間との3年間がかけがえのない財産に。

3校に共通しているのは、夢のためにがんばる仲間と出会えること。これも専門コースをもつ通信制高校ならではの良いところです。

『東京芸能学園 高等部』では1年生も3年生も同じレッスンを受けています。ダンスイベントなどは生徒が自分たちで企画を練っていますが、後輩は常に先輩を見ているため、先輩たちができなかったことに挑むそうです。この連鎖が、年々生徒たちの成長速度を加速させています。

『青山ビューティ学院高等部』は東京校・京都校ともに1学年15名という少人数制を敷いています。これも生徒1人ひとりの夢を共有し、全員でバックアップするため。例えばヘアの授業では、櫛の持ち方やピンの挿し方まで丁寧に指導します。少人数制ゆえ先輩・後輩の壁がなく、放課後一緒に技術練習をする姿も珍しくありません。

『日本航空高校 通信制過程』という学校名からは想像できない意外な一面…それが、スポーツ留学が盛んなことです。サッカーや野球のプロを目指して海外に渡っている生徒も在籍。目指すものは違っても、スクーリングの際にすぐ仲良くなれるのは校風がとてもアットホームだから。多彩な交流は生徒の視野も広げてくれます。

仲間と夢を語り合い、切磋琢磨できる高校の3年間は、長い人生を歩む上でのかけがえのない財産となるでしょう。


今回ご紹介した3校はいずれも専門性の高いコースを用意していますが、「ダンスが好き」「メイクが楽しい」「飛行機ってカッコイイ」という興味から入学している生徒も少なくありません。 ただ、仲間や先生と接していく中で「好き」という気持ちがもっと大きなものになり、プロとして活躍するための土台・技術を身に付けられるのが、3校共通の特徴でもあります。

時間は誰にとっても平等に流れるもの。高校3年間をなんとなく過ごすのと、目的意識をもって行動するのとでは、卒業した時に得ているものに大きな差が出ます。 ダンス・芸能、ビューティ、航空…もしこの中に少しでも好きなものがあるなら、ぜひこの3校のことを知ってください。

すでに夢や目標が固まっている方も、これから見つけたいと考えている方にとっても、可能性を広げられる機会が訪れるはずです。

通信制高校を探す

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC