毎日が楽しくなる出会いの数々。人間関係も自然と構築。 | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

毎日が楽しくなる出会いの数々。人間関係も自然と構築。

「通信制高校に行ったら友達ができるだろうか…?」

中学で不登校だった場合、生徒だけでなく保護者の方にとっても「通信制高校の人間関係」は気になることの一つではないでしょうか。

そんな方にぜひ知ってほしいのが、世界119の国と地域に活動拠点があるYMCA(キリスト教青年会)を基盤にもつ『YMCA学院高等学校』。

人間関係やコミュニケーションの教育に力を入れ、さまざまなイベントを通し多文化共生を実践している学校です。

今回は、同校2年生の藤本さんと香西くんに学校の楽しいことや自身の入学後の変化について語ってもらいました。

「ここに来て後悔することはない」

そう力強く話してくれた2人は、どうやって学校に馴染み、いまを楽しめるようになったのでしょうか。

YMCA学院高校 同校2年生の藤本さんと香西くん
インタビュー対象:藤本 茉耶さん(左)/ 香西 真乃輔さん(右)

入学初日に仲良くなれる、ウェルカムデイ。

友達ができやすいポイントとして、藤本さんと香西くんが口を揃えて挙げてくれたのが「ウェルカムデイ」です。 これは入学初日に行われる生徒同士の交流会。お互いを知るために好きなものなどを自己紹介し、名前が書かれた紙を交換します。 「人前で話すのが苦手」という生徒には先生が1人ひとりをサポートし、少人数制のクラスなので全員と会話できるのがウェルカムデイの良いところ。その後のランチタイムには「お互いがなんとなくわかっているから」自然と話が弾むそうです。

また、ウェルカムデイには先輩も参加してくれます。藤本さんはもともと人見知りだったそうですが、そこで好きな男性アイドルグループの話で盛り上がったことがきっかけとなり、音楽サークルへ入部。 中学では不登校だった香西くんも仲の良い友達と一緒に登校するようになり、学校生活を楽しんでいます。

ハイキングや文化祭など、楽しいイベント目白押し!

YMCA学院高校には週5日通う「Yチャレンジコース」、火・木に登校する「マイペースコース」、月・水・金を中心に週1~5日まで自由に通学できる「スタンダードコース」の3コースがあり、年間行事も選んだコースによって若干異なります。

とはいえ、全コース共通のイベントだけでも盛り沢山。年2回、全員で行うハイキングでは自然の中から指定されたものを探す課題シートが渡され、班の仲間と一緒に見つけるビンゴにチャレンジ。学びの中でコミュニケーションが生まれる要素を盛り込んでいるのが特徴です。

他にも、スポーツ大会や音楽・映画鑑賞会をはじめ、秋にはファミリーカーニバル(文化祭)も開催。

昨年度は模擬店や絵本の読み聞かせ、音楽サークルの発表、どんぐりのクラフトなどさまざまなブースを出店し、来場者は過去最高となる1,100名以上。多文化共生を掲げるYMCAの理念から、留学生や幼稚園児といった普段あまり関わらない方も多く訪れ、世代と国境を越えた交流を楽しんだそうです。

もちろん、藤本さんと香西くんも参加。藤本さんはフードコートでのアルバイト経験を活かし、目玉焼きをえびせんで挟むたませんやフランクフルトを調理。香西くんも模擬店に欠かせない看板や小物を製作し、ファミリーカーニバルを盛り上げています。

話しやすい先生がいるから自然と馴染める!

「これから入学してくる生徒たちへのメッセージを」と頼むと、藤本さんは入学式のことを思い出してくれました。

「入学式はみんな保護者同伴で、私は1人で参加したので少し不安でした。でも、それに気付いた先生が1人で来ている他の子を紹介してくれたんです。先生方はいつも見守ってくれていますし、勉強もわからないところは放課後に個別で教えてくれるので安心して入学してください」

また、香西くんも先生について言及。「僕は入学前に他の学校も見学しましたが、授業の雰囲気と先生との距離感からこの学校に決めました。自分がじっとしていても、先生から話しかけてくれるので自然と馴染めますよ」

担任の中尾先生にお話を聞くと、「YMCA学院高等学校は“生徒とかかわる学校”です。生徒たちが自分のペースや本来持っているエネルギーをしっかり取り戻せるよう、イベントを通したゆるやかな人との関わりを大切にしています。ほかにも、それぞれの状況に合わせて複数の通学ペースや多彩なカリキュラムを設けています。中学校の基礎からの学び直しも出来るので、勉強面でも無理のない学校生活を送ることができ、進路にも前向きになっていきます。それぞれの豊かな成長を願って、生徒一人ひとりのニーズを大切にしています。」

先生方のフォローとイベントを通し、入学してすぐに学校生活を楽しめるようになる。これこそYMCA学院高校の一番の魅力であり、後悔しない理由ではないでしょうか。

左から中尾 理奈 先生、藤本 茉耶さん、香西 真乃輔さん、宮本 茉奈 先生
左から中尾 理奈 先生、藤本 茉耶さん、香西 真乃輔さん、宮本 茉奈 先生

少人数制を貫くことで、どんな生徒が在籍しているかみんながわかる。

人間関係トレーニングやコミュニケーションについて授業で学べる。

さらに、授業は全学年で行うため先輩・後輩の壁がなく、気の合う友達を見つけやすい。

こうした環境のもと、『YMCA学院高等学校』ではさまざまなイベントで交流の機会をつくり、先生方が目配りを絶やさず生徒を見守っています。

「通信制高校に入って人間関係に苦労しないだろうか…?」と考えている方もいるかもしれませんが、同校ならその思いは杞憂となるはず。

すぐに友達ができる場所で、学校生活を思いっきり楽しんでください。

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC