女子高だから、3年間を自分らしくエンジョイできる! | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

女子高だから、3年間を自分らしくエンジョイできる!

西日本に初めてできた「女子だけ」の通信制高校。それが『奈良女子高等学校 通信制課程』です。

全日制の女子高として120年以上にわたり培ってきたノウハウを活用し、スクーリングやレポート指導の他、さまざまな体験型学習やイベントに力を入れています。調理室やPC室は全日制とも共用し、その上でプロによる専門的な調理実習などを実施。通信制ならではの授業や楽しさを目指しているのが特徴です。

今回は、そんな同校の2年生3名に通信制女子高ならではのスクールライフを伺いました。

「通信制高校に女子高があったんだ」と初めて知った方も、彼女たちの話を聞けばもっと奈良女子高校のことに興味が湧いてくるはずです!

インタビューに答えてくれた3人と、通信制部長の木村先生。日常的な会話から、真剣な話までするという、厚い信頼関係を垣間見ました。
左から蒲田明香里さん、八尾千晶さん、通信制部長の木村隆博先生、山下結愛さん。

日常的な会話から、真剣な話までするという、厚い信頼関係を垣間見ました。

最初に、みなさんが奈良女子高校に入学したきっかけを教えてください。

八尾
私は中学も女子中で、進路を考える時に通信制高校も視野に入れてネットで探していたら「通信制高校にも女子高がある」と知ったのがきっかけです。でも、通信制高校ってオフィスビルの一室のような場所もあるじゃないですか。「学校で学びたい」という気持ちがあり、体験入学にも参加してここに決めました。

蒲田
私は高校に私服で通いたくて、奈良女子に入学しました。「制服と私服どちらでもOK」みたいな学校だと、結局みんな制服を着るから私服が浮くんですね。奈良女子は逆で、「基本私服で制服っぽいのもアリ」なんです。

山下
私は中学の時、朝起き不良などの起立性調節障害になってあまり学校に通えなくなったんです。無理なく通える学校を探すと、自然と通信制高校が良いのかなと思うようになり、「西日本初の通信制女子高」という言葉に惹かれて興味を持ったのがきっかけです。イラストを描くのが好きで、体験入学でイラストの授業を受けたことが決め手となり入学しました。

入学後のギャップのようなものはありましたか?

蒲田
女子高って人間関係がドロドロしているんじゃないか…と思っていました(笑) でも、先生方からは「異性を気にしないから、みんなさっぱりしているよ」と聞いていて、入学したらその通りでしたね。

八尾
女子ばかりだと騒がしいイメージがあるかもしれませんが、落ち着いている子が多いです。

山下
校則の中でも一番大切にしていて何度も言われることは、「人の嫌がることをしない」なんです。これを破ったら退学もあるんですが、誰も破らないので、何も言われないですね。平和です。

行事が豊富で、一年次から宿泊合宿も。生徒同士のコミュニケーションを尊重するそうです。
行事が豊富で、一年次から宿泊合宿も。生徒同士のコミュニケーションを尊重するそうです。

先生との距離感はどうですか?

八尾
けじめはあるのですが、先生方はみな友達感覚で何でも話せるのでとても楽しいですよ。あまりにフレンドリーすぎるとだめだと思い、最近はきちんと「ですます調」で話すことを心掛けています(笑)

山下
先日も放課後に楽しみにしていたライブに行くことがあって、「今からライブに行ってきまーす」って職員室出ようとしたら、「気を付けて行くんやで」って送り出してくれました。そんな感じです。

蒲田
自習室で課題をしていても隣が職員室なのですぐに質問できますし、距離はとても近いですね。いつでも相談にも乗ってくれます。

八尾
彼氏のことで、私たちより先に先生に相談してたこともあったよね(笑)

山下
あったあった(笑)

蒲田
その時は、男性から意見を聞いた方がいいのかなと思って先生に話を聞いてもらいましたね(笑)

奈良女子高校を選んで良かったなと思うことはありますか?

山下
アルバイトができることですかね。それも許可制ではなく届出制なので、大抵のことならOKです。私はいまスーパーでレジを担当しています。

八尾
私は和食屋で天ぷらを作っていますが、最初に店長と面談した時に泣いてしまったんです。というのも、女子中だったこともあり父親と先生以外の男性と話すのが久しぶりすぎて、なぜかとても緊張して。でも、いまは店長やパートの人とも普通に話しながら仲良く働けています。

蒲田
アルバイトも社会経験の一環として捉えてくれるので、とても自由ですよ。

普段から、同じクラスで学ぶ三人。それぞれアルバイトもしながら、休みを合わせ、よく出掛けるとのことでした。
普段から、同じクラスで学ぶ三人。それぞれアルバイトもしながら、休みを合わせ、よく出掛けるとのことでした。

最後に、奈良女子高校への入学を考えている方にメッセージを。

八尾
親も女子高ということに安心してくれますし、女子だけなのでみんなとも素で話せます。異性がいると授業中に質問するのもちょっと恥ずかしいかもしれませんが、ここならわからないこともその場で解決できますよ。

蒲田
男子がいない分ゴタゴタも少ないですし、1人ひとりの個性がより発揮できる環境です。あと、自習をしていたら先生がたまにおやつくれます(笑)

山下
以前、学校説明会で私と同じように起立性調節障害の子がいたんです。自分も同じ症状であることを話し、ここなら始業が10時10分からなので余裕をもって行動できることを伝えたら、入学を決めてくれた子がいました。体験入学もあるので、もし不安があればぜひ一度学校を見に来てください。


同校は毎年夏に体験入学を行っていますが、参加した中3生の一人はそれまで半年ほど家に引きこもっていたにもかかわらず、「体験入学でこんなことをしたよ!」と、嬉しそうに母親に話したそうです。親御さんも付き添いにきたため、何をしたかは知っていますが、それでも報告してきてくれたとのこと。帰宅後に「半年ぶりに子供の笑顔を見ることができた。ありがとうございます。」というお礼の電話が奈良女子高校にありました。

そして、入試に作文があることを知った中3生は、その日から作文の練習をするようになり、この春に晴れて入学。入学後に先生がきっかけを聞くと、「体験入学で先輩たちの話を聞いて安心できたから」と答えたそうです。

蒲田さん、八尾さん、山下さんのインタビューから、通信制高校の中でも女子高には女子高ならではの面白さがあるのはわかっていただけたかもしれませんが、「もっと知りたい」という方は、ぜひ体験入学に参加してみてください。特に、懇親会では保護者も含めた参加者が在校生と気軽に会話ができるので、気になることなども質問することができます。懇親会が入学のきっかけとなった経験をもつ在校生が、今度は自分が懇親会の案内役になりたい、と立候補するケースも少なくないそうです。実際に学校の雰囲気を知ることで、より奥深い魅力が発見できるかもしれませんよ。

2018年スクーリング体験情報

日時
8月25日(土)13:30~受付、14:00~開始
場所
奈良女子高校/奈良県奈良市三条宮前町3番6号

近鉄新大宮駅下車 南東600m

JR奈良駅西口下車 西400m
内容
全体説明、スクーリング体験、

本校生徒・職員との懇親会、個別相談、施設見学、その他
お問い合わせ、お申し込み
電話番号:0742-85-1792

FAX:0742-35-2312

メール:tsushin@shirafuji.ac.jp

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC