「絶対声優になる! 」声優になりたい人にイチオシの学校 | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

「絶対声優になる! 」声優になりたい人にイチオシの学校

声優やナレーターといった『声』を使う仕事をしたいのなら、その分野に特化した知識やスキルを学ぶことが重要です。

通信制高校の中には、高校生活を送りながら『声』に関する専門分野を学べる学校もあります。今回ご紹介する『クラーク記念国際高等学校』『北海道芸術高等学校』『勇志国際高等学校』はそんな設備と環境が整った『声優コース』が設けられている通信制高校です。

他コースの生徒と協力してクリエイティブを制作

クラーク記念国際高等学校

『クラーク記念国際高等学校』では、「声優・放送」専攻のクリエイティブコースがあり、充実した施設で声優・役者・演出家などの肩書きを持つその道のプロから直接指導を受けることができます。在学中にオーディションを受けるチャンスも多数あり、中にはそのままプロデビューを果たした生徒もいます。

また、他の専門コースと協力して1つの制作物を作り上げることができるのも同校ならでは。「マンガ・イラスト」や「ゲーム・プログラミング」専攻の生徒と一緒にオリジナルゲームを制作し、「声優・放送」専攻の生徒がゲームのキャラクターの声を吹き込んだりすることもするそうです。

実践的な授業で経験を積み、発表する機会も多数

北海道芸術高等学校

『北海道芸術高等学校』では、発声方法や演技力など表現に関するすべてのことを総合的に学びます。発表する機会も多く、「演劇発表会」では脚本・キャスト・演出・舞台装飾までを自分たちで行ったり、全国の声優を目指す中高生が集まる「声優魂」にも毎年チャレンジしています。また、声優プロダクションの関係者が来校する「学内模擬オーディション」では、プロの視点から指導を受けることができます。

月に1回「プロ講師」と面談。個々に合わせたオリジナルカリキュラム

勇志国際高等学校

『勇志国際高等学校』では、発声・脚本解析・身体トレーニングなど、芸能に関する基礎を満遍なく学び、2年次以降は声優コースを選択してアテレコ実習・ボイスサンプル制作・朗読劇公演などを行います。月に1回は講師と面談する機会があり、特性と希望を考慮したオリジナルカリキュラムを練ることも可能です。在学中にはオーディションで経験を積み、時には講師推薦でプロデビューするチャンスもあります。


独自の『声優コース』を持つ通信制高校3校を紹介しました。各校実践的な授業で経験を積み、成長を直に感じることができます。中には在学中にプロデビューを果たしたり、卒業後も活躍している先輩たちもたくさんいるので、次はあなたの番かもしれません。

この記事に関連するおすすめ学校

一括資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC