オープンキャンパス(説明会)で学校選びをしてみる | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

オープンキャンパス(説明会)で学校選びをしてみる

自分の行く高校を決めるのに、みなさんはどうやって情報を集めますか?

「インターネットで検索する」
「気になった高校の資料を取り寄せる」
「実際行っている先輩から話を聞く」など、様々な方法があると思いますが
「オープンキャンパスに行く」ことも忘れてはいけません。

オープンキャンパスとは、高校が受験生や保護者などに校内を開放し、入試説明会や見学会などを実施するイベントのことです。通年実施している高校もありますが、一般的には夏休みや学校祭の時期になると大規模になるケースが多いようです。

それでは通信制高校のオープンキャンパスはどういった内容で行われているのでしょうか。今回GO!通信制高校では、実際に『クラーク記念国際高等学校(東京キャンパス)』『池上学院高等学校』のオープンキャンパスに参加して、雰囲気を味わってきました。

在校生主体のオープンキャンパス!
生徒も保護者も安心して参加できるプログラム

池上学院高等学校
池上学院高等学校総合コース『夏の見学会』では、生徒が主体となって学校を紹介していました。

参加した池上学院高等学校総合コース『夏の見学会』は、生徒が主体となって進めていくオープンキャンパスです。この日は軽音楽部の演奏から始まり、池高生インタビュー、学校見学、夏期講習で行っている基礎国語の授業、部活動紹介、個別相談(予約制)を体験することができました。

同校では、英語検定・漢字検定が『学内検定』として定められており、全員取得していくことを目標としています。今回体験した基礎国語の授業では、実際に対策授業を受けることができ、わからないことは近くに座っている在校生に気軽に質問できるような環境でした。

部活紹介では、在校生と一緒に競技かるたを行ったり、家庭科部から手作りのヨーグルトを振舞われました。在校生たちとたくさん交流を持つことで入学後のイメージが持ちやすくなった後、個別相談へとつながるプログラムでした。


通信制高校のオープンキャンパスはどういった内容になっているのか、今回は『池上学院高等学校』をご紹介しました。気になる学校はぜひ実際に足を運んで体験してみてください。入学後のイメージをつかむことができますよ。

通信制高校を探す

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC