「言葉は力」語学留学に力を入れている学校 | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

「言葉は力」語学留学に力を入れている学校

留学の目的は人それぞれ違うと思いますが、共通して言えるのは、今よりも語学力を伸ばしたい!ではないでしょうか。日本で語学を身につけるのとは違い、留学先の現地の人たちとコミュニケーションを取りながら学ぶことが語学力向上につながると思います。
今回は、語学留学に力を入れている通信制高校の一部を紹介します。

クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校は、国際教育にも力を入れています。中でもクラーク独自のオーストラリア留学には、延べ3,000名近い生徒が参加しています。
留学期間は自分で選択できます。現地での課題提出、一時帰国の際にスクーリングや定期考査を行うことができるため、長期留学しても3年間で卒業する事も可能です。
留学先は治安の良いスプリングフィールドにあるオーストラリアキャンパスで、レベル別のクラス編成で、英語力やスキルを徹底的に伸ばしていきます。
オーストラリア留学を経験した生徒の中には、TOEICが1年間で平均170点以上伸びる生徒が多く、900点以上を毎年輩出しています。

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校は、2018年4月より「自立型学習授業」を採用した英語特化コースを開講しました。
このコースでは、大学受験の合格に向けた学習、グローバル社会で活躍できる英語力やスキルを身につけていきます。
より英語を学びたい人に向け、マレーシアにあるヘルプ大学へ短期語学留学も用意しています。
ヘルプ大学での授業は、英語で行われており、現地の英会話に触れられるため、徹底的に語学力を向上させていくことが出来ます。
生活面は、日本語が話せるスタッフがサポートするので、安心して学業に専念できます。


語学留学に力をいれている学校の一部を紹介しました。
通信制高校は単位制なので、短期留学や長期留学をしても、留学先からレポートなどの提出が可能なので、留年の心配なく留学することができます。
学校によって留学先も異なるので、興味がある通信制高校やサポート校を選んでみてください。

この記事に関連するおすすめ学校

一括資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC