これから求められるプログラミング的思考とは? 通信制高校で実際に教えている内容を聞いてきました。 | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

これから求められるプログラミング的思考とは? 通信制高校で実際に教えている内容を聞いてきました。

一昔前まで一部の技術者たちにのみ必要とされてきた『プログラミング』。今では全国各地で教室が開かれており、2020年には小学校教育でプログラミングが必修化されることが決定しています。

一口に『プログラミング』と言っても、プログラミング言語を使用してプログラムを書くことだけを指すわけではありません。これからの時代に求められているのはプログラミング的思考を身に付けること。それはつまり自分が意図する活動をどうしたら実現することができるか、論理的に考える力を育むことを意味しています。

通信制高校では既にこういった教育を取り入れている所も多く、今回ご紹介する『明聖高等学校 中野キャンパス』『クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパス』『N高等学校』では、専門のプログラミングコースを持つ通信制高校です。授業では具体的にどういったことを学んでいるのか見ていきましょう。

勉強に苦手意識があってもプログラミングは学べる!

明聖高等学校 中野キャンパス 全日ITコースでは、生徒が楽しめる体験型の授業を多く取り入れている
明聖高等学校 中野キャンパス 全日ITコースでは、生徒が楽しめる体験型の授業を多く取り入れている

明聖高等学校 中野キャンパスの全日ITコースでは、WordやExcelといったPCの基本操作から学び始め、1年生ではゲーム・ロボット実習、2・3年生ではCG・AI・Illustrator・Photoshopを通して楽しくプログラミングを勉強します。

IT科目を担当しているのは、業界で活躍している専門のプロ講師陣。授業ではとにかく興味が沸くような楽しい内容になっており、アバターを自分の動きに合わせて動かせるようにしたり、自分たちで撮った動画をVR体験できるようにしたりと、実践的なものがほとんどです。

入学のきっかけはゲームが好き、CGを作ってみたいなど、興味程度でも大丈夫。高校生からスペシャリストを目指すというよりは、3年間を通してプログラミングの考え方を身に付けることで頭が柔軟に動かせるようになることを目的としています。

プログラミングはハードルが高いと考えがちですが、決してそんなことはありません。明聖高等学校 中野キャンパスは、たとえこれまでの学校生活で勉強に苦手意識があった生徒さんでもウェルカムです。

クラスメイトと協力しながらオリジナルのゲームが作れる!

クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスでは、違う科の生徒たちと協力してゲーム作りができる
クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスでは、違う科の生徒たちと協力してゲーム作りができる

クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスの週5日登校する全日型のクリエイティブコースでは、午前は一般科目、午後は専門科目に分かれて学習します。

中でもゲーム・プログラミング専攻では、最初は動作の決まっているブロック型のプログラミング学習からスタートし、1年生でAという事象が起きたらBが起きる、といった論理的思考を構築。C言語やJavaを使って簡単なゲームを1人で組んでいきます。

2年生になると、UnityやUnreal Engineというツールを習得し、チームを組んでゲームを制作していきます。クラーク記念国際高等学校では、クラスメイトの中に声優・放送専攻やマンガ・イラスト専攻といった違う科の生徒たちがいるので、オリジナルゲームの『声』は声優を学ぶ生徒が入れ、『イラスト』もまた同様に生徒が描くなど、色々な専門知識を駆使して協力し合いながらゲームを作り上げていきます。

こういったステップアップを経て3年生になると、ある程度自由に自分が好きな言語を使ってさまざまなゲームを制作できるようになります。

今年度からはAI(人工知能)を搭載したゲーム作りをスタート。最終的に生徒が作った人工知能同士で囲碁の対戦をさせようと計画中です。

自分の考えを形にして、他人に共有する

N高のプログラミング クラスでは、集中する時間配分や作業ペースなどは個人に任せている
N高のプログラミング クラスでは、集中する時間配分や作業ペースなどは個人に任せている

N高が掲げるプログラミング クラスのコンセプトとは、「他人と共有できる何かをつくる」ということ。
自分の考えていることを外に出さないと、それは単なる妄想に過ぎない。その考えを一通り形にして他の誰かと共有し、消費者から生産者になることを目標としています。

N高のプログラミング クラスは、基本的に自分自身が主体となって行動するため、プログラミング経験者であればより有意義に過ごせます。できることからスタートし、そこから講師の見解やアドバイスを聞きながら、これまでできなかったこと、知らなかったことを知るようにステップを踏んでいきます。

またN高のプログラミング クラスでは、本題の原点とも言える『計算論的思考』の獲得を目指しています。計算論的思考とは、問題解決、システムのデザイン、コンピュータ科学の概念に基づく人間の理解などを意味していて、それらは時代に関係なくすべてのものに共通して求められる力です。

授業では週5日5時間ずつ、毎日みっちり制作に時間を充てますが、集中する時間配分や作業ペースなどは生徒たちに委ねています。自分のペースに合わせて専門書を読んだり、開発時間に充てたりと、N高メソッドに沿った形で自由にプランを立てていくことができます。


プログラミングは、これまで専門性が高く、一部の人たち以外は触れてきませんでした。しかし、『プログラミング的思考』はこれから色々な場で活躍できるスキルであることは間違いありません。
たとえば
① 物事をどう細かく分けるか
② ①をどういう順序で組み合わせるか
③ ②はどんなものに使えるか
こういった考え方もすべてプログラミングの考え方から成り立っています。

プログラミング的思考は、研究者、システム開発者などの専門職に限った話ではありません。若い内からプログラミング的思考を習得できるようになれば、これまで以上に仕事の選択肢を広げられるでしょう。通信制高校ではいち早く学ぶことができます。

この記事に関連するおすすめ学校

一括資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC