海外留学できる学校特集 | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

海外留学できる学校特集

通信制高校やサポート校に在籍しながら留学できることをご存知ですか?学校によって、提供しているプログラムの内容も滞在期間もさまざま。また、1つだけでなく、複数の留学プログラムを提供している学校もあります。
今回は、留学プログラムにも力を入れている、通信制高校やサポート校をご紹介します。

クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校の海外留学

『クラーク記念国際高等学校』の留学先は、時差1時間、世界の中でも治安が良いとされているオーストラリアです。滞在期間は3週間から最長27か月で、長期留学の場合でも、もちろん、高校は3年間で卒業することができます。
20年以上の歴史がある、このプログラム。これまでに3,000名近くにものぼる生徒たちが参加してきており、満足度も95%と、非常に質の高い内容のプログラムです。満足度が高い理由としては、政府指定のホストファミリーのもとに滞在できる、少人数制・習熟度別のクラスで学べる、その他にもスポーツ、キャンプ、現地校の授業に参加する学習体験などさまざまなイベントに参加できるなどが挙げられています。

勇志国際高等学校

勇志国際高等学校の海外留学

『勇志国際高等学校』の国際コースでは、英語を基礎から学ぶことからスタートし、英語力をしっかり身に付けた上で、夏休みを使って短期留学することができます。また、卒業後海外の大学に進学したい人は、提携大学があるので、場合によっては、奨学金を利用して、日本の大学よりも安い学費で進学することが可能です。
国際コースは、オンライン学習が主体のコースですので、諸事情により通学は難しいけれど、高校卒業と合わせて留学したいといった学生や社会人の方々にもおすすめです。


今回ご紹介した3校以外にも、国際人を育てる意識が高く、内容盛りだくさんな留学プログラムや、海外大学進学まで視野に入れた本格的な留学プログラムを提供している通信制高校やサポート校はあります。
学年制である全日制高校で提供しているプログラムは、夏休みや冬休みを利用しての短期留学がほとんどです。高校生という、感受性の高い若い時期に長期留学しようとすると、どうしても留年せざるを得ません。
単位制である通信制高校とそのサポート校は、その点日数の縛りがゆるいので、短期だけでなく、独自の長期留学プログラムを提供しているところもあるのです。高校の間から海外に留学し、視野を広めたい、専門技術を高めたいと思っている人には、通信制高校やサポート校がおすすめです。

通信制高校を探す

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC