学校に行きたくない人でも大丈夫!在宅コースがあるWILL学園 | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

学校に行きたくない人でも大丈夫!在宅コースがあるWILL学園

人間関係のトラブルや成績の問題など、さまざまな理由で「学校に行きたくない」という悩みを抱え、不登校になる子どもが年々増加しています。
「学校に行きたくない」という思いは、多かれ少なかれ感じたことがあるのではないでしょうか。
トラブルがあればなおさらです。

今回は在宅で学びながら高校卒業資格が取得できるコースがあるWILL学園についてご紹介します。

在宅コースで学んでいる方は少なくありません

在宅コースというとさまざまな疑問があるかと思います。

・在宅コースを選択することにうしろめたさを感じる。
・本当に学校に行かなくていいの?
・家でどんな勉強、どんなことをしているの?

WILL学園に入学している生徒の4分の1が在宅コースを選択しています。
人間関係やトラブルで不登校に悩む生徒や、病気やケガなどで入院している生徒、生活事情によりアルバイトなどをしないといけない生徒など、学校にいけない理由はさまざまです。

在宅コースでは週2日先生が自宅を訪問し、サポートするため、通学しなくても問題ありません。
学校に行きたくない人でも高校卒業資格を取得できるように目指します。

それぞれの生徒に合わせた勉強やレポートを行っているのはもちろんですが、生徒一人ひとりの悩みを聞き、生徒にあった対応を検討します。
例えば、人と接するのが苦手な生徒には一緒にゲームをやったり、好きなことについて話し合ったりなど、生徒との信頼関係を築くことを大切にして少しずつコミュニケーションがとれるようにしています。

※写真はイメージです

在宅コースから通学コースに変更も可能!通学補助プログラム

在宅コースを選ぶ生徒の中に、人間関係のトラブルにより悩みを抱えひきこもりがちなったり、不登校になった生徒も多くいます。
WILL学園では通学できるようになる事を一番に考えた通学補助プログラムを用意しており、不登校の生徒も数ヶ月で外にでられるようになった実例が多々あります。

①在宅授業
まずは先生と好きなことや興味があることに対して少しずつ話し合ったり、取り組んだりします。
ゲームや音楽、スポーツや好きな芸能人など、どんなことでもかまいません。
好きなことについて話し合ったり、取り組んだりすることが自ずと先生とのコミュニケーションや信頼関係につながります。
時には好きなことが生徒の将来の夢や目標になることもあります。

②課外授業
慣れてきたら、先生と一緒に外出し、課外授業を行います。
近所を散歩したり、買い物に行ったり、生徒の行きたいところに行ったり、やりたいことを一緒にします。
スポーツ観戦や生徒が興味のあるアイドルのイベントに行くことも。

③WILL学園への通学練習
スムーズに外出ができるようになってくると、通学練習としてWILL学園へ行き、担当の先生と一緒に他の先生や生徒と交流します。
行きも帰りも、学園内でも先生がずっとそばにいるので安心です。

④個別授業
少しずつ一人で行動できるようになってきたらWILL学園で個別授業を行います。
友達との関係も先生が橋渡し役となり、サポートしています。

⑤クラス授業
友達と一緒に通学し、クラスの授業に参加します。
少人数制なので、人が多いところが苦手な生徒でも無理なく授業が受けられます。

⑥通学コースに変更
まずは週2日の通学からはじめ、徐々に通学日数を増やしていきます。
学校が楽しくなったら、自然に毎日通学できるようになります。
このように最終的に大半の生徒が通学コースに変更しているのです。

※写真はイメージです

学校に行きたくないと思うこと決して悪いことではありません。
学校に行きたくない人でも在宅コースで高校卒業資格の取得や勉強、進学は可能で、利用されている方も多くいます。

しかし、ずっと家にいることについて不安を感じたり、不登校やひきこもりについて気がかりだったり、解決したいと思う方も少なくありません。
そんな方は、社会との信頼関係を築くことにも重点をおいた「通学補助プログラム」もある、先生のフォローが手厚いWILL学園の「在宅コース」を選んでみてはいかがでしょうか。

通信制高校を探す

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC