保育について学べる通信制高校・通信制サポート校 | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

保育について学べる通信制高校・通信制サポート校

女性の将来なりたい職業の1つに「幼稚園の先生」や「保育士」があります。(最近では、YouTuberになりたい子どもが増えているようですが、、)
基本的には、専門学校や短期大学、大学などで技術や知識を学びますが、それを高校のうちから学べたら?
高校のうちから基礎的なものを身につけている人は、大学で1から学ぶ人よりも技術や知識が豊富ということになります。そのため、事前の勉強で身についたスキルと大学での勉強により、早い段階で保育士資格取得の勉強に取り組むことができるのではないでしょうか。
今回は、保育の技術・知識が学べる学校の一部を紹介します。

同じ夢を持つ仲間との学ぶ

通信制高校 クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校の全日制コース(週5日通学)には、「やりたいこと」「好きなこと」をとことん学べる特化型コースがあり、その中の1つに、『保育・福祉・心理コース(専攻)』と、『幼児教育者育成クラス』があります。
『保育・福祉・心理コース(専攻)』では、保育園や老人ホームでの実践中心の授業で、技術や知識を身につけます。
『幼児教育者育成クラス』では、基礎的な人間性や社会性、子どもと触れ合うための専門的なスキルを学んでいきます。
高校生のうちから幼児教育に早く近づくことが可能です。

保育士資格取得から就職まで一貫サポート

通信制高校 ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校は、保育(チャイルドマインダー)を専門的に学べます。
保育士は、ピアノ・制作などの技術が求められます。現状、ピアノが弾けない・・・工作が苦手・・・な人でも、ヒューマンキャンパス高等学校では1から指導していくため、高校卒業の頃には苦手意識もなくなり、進学後は安心して学ぶことができます。
このコースは、ヒューマングループの保育園や学童で保育体験ができるため、しっかり現場で学ぶことが出来ます。また、高校卒業後は、教育連携校の総合学園ヒューマンアカデミーチャイルドケアカレッジこども保育専攻に指定校推薦で進学することも可能で、保育士資格取得はもちろん、就職までサポートします。

保育の必要な技術や知識を身につけます

通信制サポート校 KTCあおぞら高等学院

KTCあおぞら高等学校のみらい学科は、「好きなことを仕事にして生きていきたい」「将来に役立つ資格や技術を身につけたい」など、夢や目標をもっている人のための学科になります。
みらい学科の中の1つに、『子ども・福祉コース』があります。
このコースの保育講座では、こどもの発達に応じた援助や、遊びやレクリエーション、また保育時に起こりえる様々な状況から守れる対応力を養います。
高校のうちから保育という分野を学ぶことで、進学に有利となります。


保育の技術や知識を学べる、通信制高校「クラーク記念国際高等学校」「ヒューマンキャンパス高等学校」と通信制サポート校「KTCあおぞら高等学院」を紹介しました。
保育士の大きな魅力は、子どもたちが日々成長していく姿を間近で感じ、一緒に過ごす楽しさにあるのではないでしょうか。
今回紹介したとおり、通信制高校や通信制サポート校は専門的な保育についても学ぶことができます。
一度検討してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC