現役で活躍する講師陣の本格的なレッスンに感激! | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校取材記事 通信制高校取材記事

現役で活躍する講師陣の本格的なレッスンに感激!

尾美 彩奈 先生(声優コース担任)、谷口 琴菜 さん(3年)、山田 なつきさん(3年)

「声優になりたい」「アナウンサーを目指したい」――抑えきれない夢や目標が明確にある生徒が、『北海道芸術高等学校 札幌サテライトキャンパス 声優コース』には集まってくるそうです。

好きなことだから夢中になれる――そんな夢を追いかけ札幌サテライトキャンパスに通う谷口さん(3年)、山田さん(3年)2人の先輩に、授業の魅力や、この学校だから描けた未来について、語っていただきました。

現役で活躍する講師陣の本格的なレッスンに感激!

――『北海道芸術高等学校(以下、北芸) 声優コース』を選んだ理由は?

谷口さん :
「ずっと声優になりたい!」と思っていて、中学2年の時から北芸の体験入学に参加していたんです。最初は母親と一緒に来ていたんですが、あまりにも毎週行くから、そのうち1人で来るようになって(笑)。そして中学3年の秋に、アートコレクションで先輩の朗読劇を見て、やっぱり「自分もこうなりたい」と両親の反対を押し切って入学しました。

山田さん :
私も小学校の頃から演技することに興味を持ち、中学を卒業したら、演技の勉強をしたいなと。それで、演技が学べる専門学校などの体験入学に参加。北芸では、アテレコの授業体験をしたんですが、講師が現役で活躍する方々ばかりで、感激しましたね。好きな演技の勉強をしながら、普通の高校卒業資格が取れるのも、北芸に進学を決めたポイント。

在学中からラジオパーソナリティやイベント司会に挑戦できる

「FMラジオ収録」の様子

――声優コースでこれはスゴイという授業を教えてください。

谷口さん :
地元FM局の1時間番組の中で、20分のコーナーを自分たちで作るという授業があります。先輩と4名のチームで、どんな内容にするか企画から考え、台本を書いて。1コーナーを丸ごと自分たちで作れるんです。

山田さん :
私たちのチームは、「アニメの人気ランキング」を紹介するコーナーを企画。学内で人気投票をしたり、コーナー企画や進行台本をラジオ局の担当者にアドバイスをもらいながら、何度も作りなおしたりと、達成感よりひたすら「大変だった~」という思い出が(笑)。自分が番組内で、話さなかった分、終わった安堵感のほうが大きかったかも。

谷口さん :
私は本番でも司会進行をしたけど、私たちが緊張で言葉に詰まると、メインパーソナリティさんが、すかさずフォローを入れてくれるし、やっぱりプロの仕事ってすごいな~って感じました。高校1年で普通こんな経験はできないと思う。

山田さん :
企画段階で、もっとわかりやすい内容や盛り上がる部分を考えられたのかなと反省点もありました。でも、その後の「真駒内6時間リレーマラソン」で司会や実況したときに、この経験が活かされたと思いますね。

学外イベント「滝川ふれあいの集い」「真駒内6時間リレーマラソン」司会の様子

同じ夢を追いかける仲間がいるから頑張れる

『北海道芸術高等学校 札幌サテライトキャンパス』授業の様子

――卒業の進路について聞かせてください。

谷口さん :
声優プロダクションの養成所への入所を目指しています。通常、養成所は2~3年間ですが、希望する養成所は1年間。その短い期間で、実力をどれだけ伸ばせるか試してみたい。でも、定員が30名くらいなのに、公開オーディションには全国で4000名も応募する狭き門です。

山田さん :
私は映画の吹き替えやナレーションに強い事務所を希望。それにはまず、その事務所の養成所に入らないと。これからどの養成所もオーディションが始まるので、先生からアドバイスをもらいながら、自分が弱い部分を学びなおしています。

――北芸 声優コースに入学を考えている方にメッセージをお願いします。

谷口さん :
両親から公立高校を受けるよう言われたけど、面接で志望動機を聞かれても答えられないと思ったんです。だって、本当の志望校ではないので。

山田さん :
私も普通の全日制高校への進学を勧められたけど、この学校でしか学べなかったことがたくさんあるし、北芸を選んでよかったと感じています。

谷口さん :
先日、学内オーディションをクリアして、先輩2人と一緒にあるコンサートの司会を務めました。その時、初めてギャランティをいただいたんですが、自分の仕事が評価されて、それで喜んでくれる人がいて、お金がもらえたのが、すごくうれしかった。
自分の人生なので、どんなに反対されても、選ぶのは自分。一度きりの人生は後悔したくないし、私も最初は両親に反対されたけど、必死に頼んだら聞き入れてくれたので、諦めないでほしいですね。

山田さん :
私もそう思う。自分の進路や将来は、人に決めてもらうのではなくて、自分で決めてるもの。北芸は、自分がやりたいことや、夢に向かって学んでいける学校だと思います。


北芸には、声優プロダクションの方が来校して開催される「学内模擬オーディション」や、学外でのイベント司会など、将来に向け様々な体験ができるコンテンツが用意されています。そして何より、同じ夢に向かう仲間たちがいるというのも、成長を促してくれるのではないでしょうか?

声優コースの卒業生は、声優を目指しプロダクションの養成所に進む生徒や、中には在学中にプロダクションへの所属が決まった生徒もいるそうです。ほかに、アナウンサーやナレーター、言語聴覚士になるため専門学校に進学、一般企業への就職と多彩な選択肢があります。

北芸が気になったら体験入学に出かけてみるのはいかがでしょう?日程によっては有名な声優さんによるレッスンを体験できますよ。

この記事に関連するおすすめ学校

一括資料請求する

取材記事の一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC