通信制高校の留学について

グローバル化の波を受けて、ますます英語の需要は高まっています。今後、どんな職業に就くのであれ、英語を「読む」「聞く」「話す」「書く」といったスキルは習得必須になっていくと言えるでしょう。そんな波を受け、近年は通信制高校でも、留学コースを備えたところが増えています。今回は、語学留学に力を入れた通信制高校をご紹介します。

大学付属の英語学校で学べる鹿島、独自のキャンパスを持つKTC

鹿島学園高等学校では、日本人カウンセラーが留学をサポートします。
ホストファミリーは独自の厳しい基準をクリアした質の高い家庭なので、初めて海外を訪れるお子さんでも安心です。
アメリカでは、大学付属の英語学校で「聞く」「話す」を中心に学ぶほか、イギリスでは、ホストファミリーからマンツーマンで英語研修を受け、名門校で世界各国出身の学生たちと交流できるなど、充実したコースとなっています。
さらに、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、マレーシア、フィリピン、ハワイなどにも留学が可能です。

目標とする職業に就くためにも、一度は留学しておいた方が良いと考えられた方も多いと思います。
感性豊かな高校時代に留学をしておくことは、きっと皆さんの良い人生経験になるはずです。
就職に有利でもある留学体験をするために、それぞれのニーズに合った通信制高校の留学制度について、資料を見比べながら、ぜひ検討してみてください。

一覧へ戻る