不登校ぎみの中学3年生です。全日制に行くべきか通信制高校に行くべきか・・・高校進学について悩んでいます。 | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る
通信制高校 FAQ 通信制高校 FAQ

不登校ぎみの中学3年生です。全日制に行くべきか通信制高校に行くべきか・・・高校進学について悩んでいます。

  • 全日制高校は毎週月曜日から金曜日、朝から夕方までの授業を受けるのが一般的です。
    この授業への出席が単位認定に大きな影響を及ぼす為、通学に不安のある人がそれを克服できないまま全日制に入学してしまうと、留年の危険性が高くなります。
    一方、通信制高校において単位認定の為に通学しなければならない日数は、一般的に全日制高校に比べ少なく設定されています。学校によって差はありますが、1週間に1回程度の定期的な通学が必要な学校、1年に1~数回、数日間の授業出席だけで必要な通学の条件をクリアできる学校もあります。(ただし、毎日学校で授業を受ける代わりに「レポート」という課題に取り組み、定期的に提出する必要があります。)
    近年は、必須の通学日数は少なくても、毎日の時間割を設定している学校が増えており、全日制高校と同じように通いながら高校生活を楽しむことができることはもちろん、自分に合った通学日数を選択しながら少しずつ通学の訓練ができるのも安心です。

  • 不登校ぎみが心配なら、全日制より通信制をお勧めします。
    全日制で出席日数が足りなくなると、進級が難しくなってしまうからです。
    全日制に行って出席日数が足りなくなったら通信制に転校するという方法もあります。実際、そのような生徒も多くいるからです。
    でも最初から通信制に入った方が時間の無駄にならず、いいスタートが切れると思います。

  • 通信制高校なら通い方、学び方の選択肢が広がります。教室で講義を受けるだけの時間が短縮されるので、自分の生活スタイルや目的にあわせた学習が可能です。自宅でより効率的に受験勉強に励むのも良し、通学コースを併用して興味がある授業のみ受講もできます。最近ではプログラミング、イラスト、音楽などクリエイティブなことを学べる通信制高校も増えています。どんな高校生活にしたいかを想像しながら比較検討ください。

  • 全日制高校と通信制高校の違いは、「同年代以外の生徒」がいること。
    特に長い歴史をもつ当校では、さまざまな事情を抱えている生徒が在籍しています。
    そのため、先生や他の生徒から不要なプレッシャーを受けることなく高校生活を送れますし、
    何事も自主的に参加するかを決められるのが特徴です。
    みんながお互いを尊重しているからこそ、学校という場所の捉え方も変わり、楽しく感じられると思います。

  • 通信制高校は、自分のライフスタイルに合わせてカリキュラムを組むことが可能です。
    少人数制なので、担当講師のサポートのもと高校生活を無理なく送ることができます。
    決められた時間に決められた授業を学ぶのではなく、自分の時間をしっかりと活用できるのが通信制高校が選ばれる理由です。

  • 自分自身が何を学びたいのか?将来、どうなりたいのか?卒業後どのような道に進みたいかによるかと思います。

  • 本校は、週1日~週5日まで、登校する日数を自由に決められ、時期に合わせて随時変更可能なコースがあります。
    「どんな通学スタイルが自分に合っているかまだわからない」「自分のペースで勉強したい」「将来の夢を叶えるための時間を作りたい」「苦手科目を個別に聞きたい」「体調に合わせて無理なく通いたい」といった考えをもつ方にオススメです。

  • 不登校ぎみなのは、いろいろな理由がありますね。一人一人にあった学習の場という意味では通信制高校の方が向いています。
    高校進学したいという気持ちがあれば、きっとやっていけます。自分に合った時間の使い方をしながら、楽しく高校生活を送れるはずです。環境が変わることで、気持ちも新しくなって今までとは違う自分に出会えると思います。

  • 特に北海道では、中学校の時の学力試験で受験できるランクの高校を選ぶという受験システムが取られています。例えばランクのみで選んでしまうと、入学したあとに希望していた進路とは違ったというミスマッチが非常に起きやすいです。なので、全日制か通信制かという表の部分だけを見るのではなく、しっかり中身を決めて、自分に合った高校を選ぶということが大事だと思います。

  • 通信制高校に通う一番のメリットは、無理のないペースで登校できることです。学校に行くのが辛い時は、一度立ち止まってゆっくりしてみましょう。松陰高校は週5日の自由登校制なので、休みたいときには無理をせず、頑張りたいときには毎日登校して勉強する、というように自分の心や体と相談しながら通い方を決めることができます。3年間通い続けることをイメージして進学先を決めてみてはどうでしょうか。

  • 全日制高校は一般的に欠席日数が登校すべき日数の1/3を超えると定期試験が満点でも単位が認定されません。通信制高校の必須登校日数・出席時数はかなり少なくてすみますので、登校に不安のある方の進学先としてはより安心かと思います。

通信制高校を探す

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

FAQの一覧に戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC