高卒認定を取得するメリット | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校ガイド 通信制高校ガイド

高卒認定を取得するメリット

大学や専門学校への進学、国家試験などを受験したいと考えている人は、「高校卒業資格(高卒資格)」を取得するか「高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)」に合格する必要があります。

今回は、この「高卒認定」に的を絞り、メリットや費用面について掘り下げていきたいと思います。

高卒資格とは違う、高卒認定の利点

2005年度より「大学入学資格検定試験(大検)」から名称を変えた高卒認定。これは、高校を卒業した者と同等以上の学力があることを認定する試験です。同試験に合格をすれば、大検時と同様に大学、短大、専門学校等の受験ができます。また、履歴書に「高等学校卒業程度認定試験合格」と書くことができ、就職で高等学校を卒業した者と同等の扱いを受けられることから、より進路の幅を広げた試験へと進化しています。

高卒認定には、高卒資格にはない、いくつかのメリットがあります。

メリット1: 高校に通学する必要がない

16歳以上であれば誰でも受験可能で、高校に通わずとも独学で試験にチャレンジできます。さまざまな理由で高校に通うことができない人にとっては、未来に向けて進んでいく上で有益な試験といえるでしょう。また積み上げてきた学力が試験で判断されるため、合格すれば大きな自信を得られるはずです。

メリット2:難易度は基礎レベル

合格率約40%と大検制度のときと変わらない難易度ではありますが、高校2年生までの学習がしっかりできていれば、問題なく合格できます。受験科目は8〜10科目で、1回の受験で全科目を合格させる必要はありません。また、高等学校等での単位修得者などには、受験科目が一部免除されたりと、時間をかければ誰でも突破できる試験です。

メリット3:強みに変えられる肩書き

高卒認定に合格しても、履歴書の学歴に高卒と書くことはできません。しかし、一般的な進学ルートをたどらなくても、高校卒業までの学力をつけた高卒認定者には、高卒者とは違う価値を生み出します。挫折を乗り越える力や、独学で能力を伸ばす才能など、努力する姿勢を高く評価され、就職等で優位に働くことがあるでしょう。

通信制高校に通いながら取得できるメリット

上記のように、さまざまなメリットをもつ高卒認定ですが、実際には、自分だけで高卒認定の試験対策を立て、合格を目指すことは困難とされています。そこで、強力な助っ人となるのが、ルネサンス高等学校や第一学院高等学校などの通信制高校・サポート校です。

ルネサンス高等学校の高卒認定コースでは、初年度のうちに高卒認定に必要な科目を履修、過去問やスタディサプリを活用し、高卒認定試験に特化した学習を進めることで、最短合格を目指します。

第一学院高等学校では、通学を極力減らし、時間の限られている人に向けた高認取得通信コースがあります。担任制を取りながら、タブレットを使った学習を軸にし、効率的で安心な学習ができます。スクーリングと単位認定試験はありますが、履修期間に一度だけと少ないことも特徴です。

これらの通信制高校・サポート校を利用し、適切な指導が受けることで、さらに確実に、合格へ向けての学習を進められるでしょう。

気になる費用面について

受験料は、7科目以上の受験で8,500円、4〜6科目受験で6,500円、3科目以下で4,500円となっています。

また、受験対策費用は、通信制高校や予備校を利用する場合、学校により異なりますが、通信タイプなどは30万前後、通学タイプなどは70万前後と考えられます。独学においては参考書等の書籍代が主ですが、7万前後を想定しておくとよいでしょう。

受験対策にかかる費用においては、あくまでも目安であり、各学校に問い合わせをする必要があります。特色ある学習方法やコースが増えてきているため、あらかじめ、高卒認定を合格するまでに準備できる学費や時間、好ましい学習方法をシミュレーションしなければなりません。しっかり検討すれば、必ず自分に合った学習スタイルや通信制高校が見つかるはずです。

高卒認定の試験は決して簡単とは言えませんが、適切な指導を受けて地道な学習を続けることで、必ず獲得できます。また、多様な働き方や価値観が生まれる現代において、この試験の合格は大きな強みとなるはずです。ぜひ、自分の大きな武器になり得る高卒認定に合格し、理想とする将来へと役立ててください。

通信制高校を探す

この記事に関連するおすすめ学校

一括資料請求する

通信制高校ガイドに戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC