通信制高校生の夏休み、冬休み | GO通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る
TOPへ戻る

知りたい!通信制高校について

学校生活

通信制高校生の夏休み、冬休み

※掲載情報につきましては、内容が変更されている場合もございます。詳しくは各キャンパスにご確認ください。 ※キャンパスごとに内容が異なる場合がありますので、詳しくは各キャンパスにご確認ください。

2018年11月08日(木)

高校での楽しみの一つといえば、夏休みや冬休みといった長期休みではないでしょうか。しかし、通信制高校にも「全日制高校と同じように、夏休みや冬休みがあるのか?」と疑問を持つ人も多いはずです。そこで今回は、「通信制高校の夏休み、冬休み」と題して、通信制高校の長期休みについてご紹介します。

通信制高校に夏休みや冬休みはあるの?

通信制高校は、自宅学習という比較的自由なスタイルということもあり、あえて長期休みを指定しない学校もあります(年末年始は別)。ただし、月に数回提出しなければならないレポートを先に終わらせてしまうなど、計画的にレポートを終わらせてしまえば、全日制高校の夏休みや冬休みと同程度の休日をつくることができます。スクーリングがあっても、先生に相談すれば日程をずらしてもらえる学校もあります。全日制高校と同じように長期休みを設けている通信制高校もあります。

ちなみに、長期休みの有無は、週に何日登校するかは関係ありません。学校によって、さまざまです。行きたい学校に夏休みや冬休みがあるのかは、パンフレットやウェブサイトで確認しておきましょう。

長期休みを利用した「集中型」「合宿型」スクーリングを開催

長期休みを利用した「集中型」スクーリングを開催している学校もあります。普段時間が取れにくい人でも割と時間が確保しやすい長期休みに、1日に多くの授業を行い、それを複数日行うことで単位取得に必要なスクーリングを受けるというというものです。

また、宿泊を伴う「合宿型」スクーリングを開催している学校もあります。これらは北海道や沖縄などのリゾート地で宿泊を伴うものもあり、その土地の文化や風習についての体験学習を取り入れていたりもします。なお、授業料とは別に、合宿地までの交通費や合宿費などが必要です。

長期休みは一皮むけるチャンス!

夏休みや冬休みをどう過ごすかで、その後の成績や進路に大きく影響します。これは全日制高校でも通信制高校でも関係はないのですが、何もしないでいるよりも、進学を見据えた勉強や部活動に勤しむことが、自身の成長につながります。通信制高校では、夏休みも学校を開放しているところがあるので、先生に勉強の相談をすることもできます。また、自習室での勉強は、いつもと違った新鮮な環境であることから、学習意欲も高まるでしょう。

ほかにも、単位を取得できずに、補習という形で夏休みや冬休みに勉強している生徒もいます。余暇を楽しむだけではなく、しっかり卒業するためにも欠かせない期間ですね。


長期休みの有無は学校によって異なりますが、講習会や体験学習など、有意義な機会が得られる期間であることは、間違いありません。家族や友人と遊び、思い出づくりをすることも、人生経験として非常に大切です。勉強・部活・遊びなどを通して、さまざまな出会いや、将来進みたい道を見つけてください。

この記事を共有
  • twitter
  • line
  • facebook

通信制高校を探す

この記事に関連するおすすめ学校

まとめて資料請求する

前のページに戻る

1表示している学校を

2資料請求リスト