学び直し支援金制度を活用しよう | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校ガイド 通信制高校ガイド

学び直し支援金制度を活用しよう


学び直し支援金制度をご存じですか? 高校を中退した学生が、再び高校で学び直す場合に適用される制度です。授業料の負担が軽減される同制度を活用することで、もう一度、高校への入学を考えてみてはいかがでしょうか。

学び直し支援金制度の対象者は?

学び直し支援金は、授業料の負担をなくすための制度です。通常、高校に通うお子さんのいるご家庭には、授業料に充てるための高等学校等就学支援金が支給されますが、中退するときに支給が中断されます。再び高校に通い直す場合は支給が再開されますが、高校の在学期間が36カ月を超えてしまうと、受給資格の対象外となってしまいます。

それを補助する役割が、学び直し支援金です。高等学校等就学支援金の支給期間終了後も、卒業するまでの間の、最長2年間にわたって支給されます。同支援金の対象者は、以下のすべてに該当する方です。

  • 高等学校等を退学したことがある人
  • 高等学校等を卒業または修了していない人
  • 高等学校等に在学した期間が、通算して36カ月(通信制・定時制の場合は48カ月)を超える人
  • 平成26年4月1日以降に高等学校等に入学した人(就学支援金の対象者であった人)
  • 保護者(親権者)の市町村民税所得割額の合計が30万4200円未満である人

学び直し支援金の支給額と申請方法

学び直し支援金の支給額は、高等学校等就学支援金と同等です。私立の通信制高校の場合は月額9900円、公立の場合は月額520円となっています。注意していただきたいのは、申請する時期。学び直し支援金の申請は、高等学校等就学支援金の受給が終了する翌月末までに行う必要があります。提出書類は、以下のものが必要になりますので、時間に余裕を持って準備しておきましょう。

  • 高等学校等学び直し支援金受給資格認定申請書、収入状況届出書
  • 所得に関する書類(保護者の市町村民税所得割額がわかる書類=課税証明書等

申請書の提出先は、在籍する学校です。また、支給が認定された場合は、翌年7月に、改めて高等学校等学び直し支援金受給資格認定申請書、収入状況届出書、所得に関する書類を提出する必要があります。詳細は、学校の事務室にお問い合わせください。

中退した人が再び高校で学び直すときの注意点

中退した人が再び高校に入学することを、編入といいます。かつて在籍していた高校で取得した単位を計上できるケースが多いので、通っていた高校の在籍証明書、単位取得証明書(成績証明書)、教育課程表を取り寄せて、新しく通う高校に提出しましょう。1年生の途中で中退して単位が足りていない場合は、再び1年生からのスタートになります。

高校によって、編入する生徒を随時募集しているケースもあれば、受け入れ時期が決まっているケースもあります。自分の通いたいと思う高校が、どのタイミングで生徒を募集しているのか、調べてみてください。なお、編入するにあたっては入学試験があります。多くの学校が面接のみですが、学科試験を行う場合もあります。

一度は高校を中退したことから、再び学校に通うことを不安に思う人もいるかもしれません。しかし、通信制高校には、何かしらの悩みを持ちながらも学業に復帰した人が多く在籍しています。同じような境遇に身を置きながらもバイタリティのある仲間や、親身になって相談に乗ってくれる先生たちに出会える場所だと考えると、期待に胸が膨らんできませんか? 

かつて高校を中退した人が、もう一度、学びたいと思う理由はさまざまでしょう。病気が原因で全日制高校を断念した人、不登校になった人、学びたいことを見つけた人。しかし、再び高校に通うことで、保護者に金銭的な負担を掛けてしまうのでは、と懸念している人もいるはず。今回、ご紹介した学び直し支援金は、そんな人たちのために用意された制度です。再び勉学に取り組もう、という前向きな気持ちを支える同制度を活用して、豊かな高校生活を迎えてください。

通信制高校を探す

通信制高校ガイドに戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC