通信制高校の学費、卒業までにかかる費用はどれくらい? | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

通信制高校ガイド 通信制高校ガイド

通信制高校の学費、卒業までにかかる費用はどれくらい?


保護者であれば、時間や費用を惜しまず、我が子に教育を受けさせたいと考えているのではないでしょうか。しかし、どうしても学費面は気になるところ。今回は「通信制高校の学費、卒業までにかかる費用」についてご紹介します。現実的な教育費を想定し、進路について改めて考えてみてください。

通信制高校の学費は安い!?

一般的な、高校卒業までにかかる学費をご存知でしょうか。文部科学省による「子供の学習費調査」(平成26年度)によると、教育段階ごとの年間授業料とその他の学校教育費は以下の通りでした。

・幼稚園の年間授業料とその他の学校教育費(※給食費、課外活動費は除く)

公立 119,175円
私立 319,619円

・小学校の年間授業料とその他の学校教育費(※給食費、課外活動費は除く)

公立 59,228円
私立 885,639円

・中学校の年間授業料とその他の学校教育費(※給食費、課外活動費は除く)

公立 128,964円
私立 1,022,397円

・高等学校(全日制)の年間授業料とその他の学校教育費

公立 242,692円
私立 740,144円

・年間授業料とその他の学校教育費の総額

公立 550,059円
私立 2,967,799円

総額にしてみると、公立と私立とでは大きな差がありますが、高等学校は小中学校に比べて、かけ離れた学費設定ではありません。

そして、通信制高校においても、公立・私立とでは学費に多少のギャップがあります。しかし、学校数は圧倒的に私立のほうが多く、一般的に教育内容やサポート体制が手厚いとされています。それでは、私立の通信制高校の授業料などを中心に見ていきましょう。

・通信制高校の入学金

私立 20,000円~円

・通信制高校の年間授業料

私立 約200,000円~円

このように、全日制の年間授業料より、はるかに安いコースがあるため、経済的なハードルをあまり感じることなく、多様な教育の在り方を探ることができます。

特殊授業が行われている学校は学費の確認を

ただし、専門的な教育内容を取り入れ、特別な授業を積極的に行っている通信制高校については、学費が全日制以上に必要となるケースがあります。

通信制高校A校の場合

専門コース 音楽、ダンス、芸術、スポーツなど
国際教育・英語学習の強化 国際教育・英語学習の強化
学費 約800,000円〜

通信制高校B校の場合

専門コース 公務員資格取得など
特徴的な授業 海外留学による語学力の強化
学費 約2,900,000円〜

専門知識の習得や語学研修となると授業料の桁が変わるので、しっかりと目標を定めて、意味のある進路選択をすることが不可欠です。一方で、通学における交通費や課題提出のための郵送費などは割安になります。目的意識を持った上で抑えるところは抑え、上手な学費試算をしてみてください。

支援金等を使って、よりよい高校生活を

就学支援金とは、市町村民税所得割額が30万4200円未満の世帯に支給される支援金制度です。通信制の課程においては48カ月まで支給され、支給金額は以下の通りになります。

私立 4,812円/1単位

多くの通信制高校で科目履修制度を採用しており、単位ごとに授業料が発生します。

また、世帯収入の制限などの条件さえクリアすれば、各奨学金運営団体の奨学金制度を利用することができます。入学一時金の支給、無利子、返却期限など制度内容はそれぞれですが、私立では月額3万5000円前後の貸与が期待できます。支援金および奨学金の制度をしっかり頭に入れておくことも、学費を抑える点では非常に大切になっていきます。これを機に、制度の機能や申請のタイミングを知っておきましょう。

経済的な理由で、学びの機会を逃すことはもったいないことです。ぜひ一度、学費面の支給制度などを見直し、納得のいく教育を得られるようにしていきましょう。

通信制高校を探す

通信制高校ガイドに戻る

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC