「ドルフィントレーナー」を目指せる唯一の通信制!ヒューマンキャンパス高等学校 高松学習センター | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

「ドルフィントレーナー」を目指せる唯一の通信制!ヒューマンキャンパス高等学校 高松学習センター

- 夢を現実に!実習生の、努力と根性のアオハルを追いました -

今回は、ドルフィントレーナーになるべく奮闘中の通信制高校生の、飼育実習に密着取材です!

「ドルフィントレーナー」を目指せる唯一の通信制!ヒューマンキャンパス高等学校 高松学習センター

さぬき市にある日本ドルフィンセンターと連携し実習を行う。

ドルフィントレーナーになりたい人に、通信制高校で唯一「ドルフィントレーナー」専攻を開講している『ヒューマンキャンパス高等学校』高松学習センターを紹介します!

ここは、香川県さぬき市にある日本ドルフィンセンター。 国内外からの観光客でにぎわうこの場所では、ドルフィントレーナーの卵たちが、飼育実習を行っています。 実習の様子を通して、具体的にどんなことを学べるのか見ていきましょう。

ドルフィンセンターからは、イルカの棲む透き通った海が見渡せる。

ドルフィントレーナーを志す先輩の様子

夢に向かって、イルカとジャンプ!

水族館のイルカショーを見て「イルカと仕事が出来たら、どんなに素敵だろう!」と憧れる人も多いはず。 生き物とふれあう仕事は、よろこびが大きい分、学ぶべきこともたくさんあります。

ドルフィントレーナーになるためにがんばっている、先輩の様子を追ってみました!

ヒューマンキャンパス高等学校 中津舞羽さん(ドルフィンコース2年)

「ドルフィントレーナーになるには、努力と積極性と、根性が必要です」と語るのは、同専攻2年生の中津さん。 高校卒業後、さらに専門的に学ぶ資金を貯めるべく、アルバイトもがんばっているそう。

時間に自由の利く通信制高校のメリットを、最大限に活かしたスケジュールです。

裏方作業は、結構な体力仕事。

イルカの餌の鯖ブロックは、1枚15㎏。 冷凍庫から調餌場の流し台に3枚分運び込み、翌朝のために解凍の準備を行います。 翌日、解凍された餌はイルカとお客様とのコミュニケーションにも使われます。

華やかさの裏側に積み上げる、ていねいで地道な作業。

夏は太陽の暑さ、冬場は冷水と強風にさらされる、厳しい実習環境。 楽しいだけではないからこそ、プロとして働く心構えが作られます。

実習を通して、人として成長できる。

センターを訪れたお客様への接客対応。

ハンドサインの出し方も実地で習う。

経験を積むと、担当のイルカを持ち、トレーニングに取り組みはじめる。

イルカやセンターを訪れるお客様、先生や先輩たちとの関わりの中で、コミュニケーション力が磨かれます。 入学当初はなかなかうまく話ができなかったけれど、努力を重ねて少しずつ笑顔での対話ができるようになってきた生徒もいるそう。

様々な場面を通し、人間として成長していくことを目指しています。

厳しさや大変さの中にある、言葉にならない充実感

一人暮らしを通して、自活する力が自信になった。

親元を離れての生活や、日々のアルバイト経験も、成長する糧になっていると語る中津さん。 ドルフィントレーナーとして働くにあたり、海外からのお客様にもわかりやすい説明ができるよう、英語を学ぶ必要性を強く感じているそうです。

いつも見守ってくれるのは、何でも話せる多田先生。

実習、アルバイト、勉強に奮闘する日々。 大変なことは多いけれど、毎日がとても充実していると話してくれました。

夢に向かってがんばる、熱いアオハル(青春)です!

ドルフィントレーナーとして、確かな一歩を踏み出したい人に。

「夢」を「目標」に変えて、一歩ずつ進もう。

『ヒューマンキャンパス高等学校』高松学習センター ドルフィントレーナー専攻では、高卒認定とドルフィントレーナーとしての学びを得ることが出来ます。

ドルフィントレーナーになるには、地道な努力の積み重ねが大切。 憧れだけではなく、生き物と接する仕事の大変さを知った上で、夢を現実にしたいと願う人に。 これまでの自分の殻を破って、大きく成長できる環境が、ここにあります。

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC