今やるべきことが分かれば、あとは目標に向かって進むだけ! | GO!通信制高校|通信制高校・サポート校情報

TOPへ戻る

今やるべきことが分かれば、あとは目標に向かって進むだけ!

- ゴールフリー高等学院に行ってみた -

進路や将来の目標、人間関係など、10代ともなればなかなか答えのでない悩みがたくさんあると思います。ゴールフリー高等学院では、 そんな悩みを解決するユニークな仕組みがあるそうです。
その1つは、ある先生が一人で行っている生徒専用の電話相談。聞かれたくないことも、安心して相談出来るそうです。
2つ目は自分の“志”を考える授業。自分が将来得たいものは何か、先生や仲間と一緒に探っていくそうです。
実際に入学後は生活も内面も前向きに変化する人が多くみられるそうです。どんな学校生活が送られているのか、今回は 京都キャンパスに見学してきました。

京都キャンパスは、京阪・近鉄の丹波橋駅から徒歩3分。線路沿いに近未来的なデザインの校舎が見えてきました!

明るくてきれいな校内!入口では先生たちに顔を見せてから教室へ。
写っていませんが、自由に読んで良い大きな本棚2つ分のマンガの名作がずらりと並んでいました。うらやましい~。

廊下には先生たちの自己紹介文が。皆さんとても親しみやすそうです!

噂の電話相談をやられている先生に、今日はお会いできるとのこと!どんな方でしょうか??

24時間いつでも寄り添ってくれる先生

生徒のお悩み相談役、キャンパス長の森川先生。 「他の仕事に就いたこともありますが、教師である今が一番楽しいし、一番幸せですね!」

森川先生は生徒のみに教えている携帯電話を持っていて、24時間お悩み相談を受け付けているとのこと。もちろん、相談内容が
森川先生以外に伝わることはありません。とはいえ、先生には言いにくい事もあるんじゃ…と思いきや、
「男子生徒からも女子生徒からも、結構色々な相談が来るんですよ。恋愛相談とかも来ますね(笑)」
時には生徒に代わって保護者の方へ生徒の気持ちを代弁することもあるそうですが、たいていは「本人が解決方法に辿り着くまで、
とことん聞く」ようにしているのだそうです。生徒からすると、見守ってくれる安心感があるのでしょうね。

なりたい職業ではなく、“志”を決めよう!

進路でも迷わないよう背中を押す取組みがあるそうです。入学したら必ず受ける“志共育(こころざしきょういく)”という時間で、
「将来、どんな自分になって、どんなことを成し遂げたいか」という観点からまずは自分自身の志を見つけるのだそうです。

決まった志は紙に書いて発表。具体的、かつ前向きな言葉が並んでいて、信念が伝わってきます。

早い段階で目標が決まったら、おのずと志望校も決めやすくなります。勉強すべき教科や目標とするレベルが分かったら、
先生がそれぞれに適した問題集を渡してくれるので、自分でどんどん進められるように。あとは目標に向かってまっしぐら!

やるべきことが分かった後、学校生活はどんな感じになるのでしょうか?

生徒の日常はどんな感じ?

潜入したこの時間はちょうど自習タイムでした。授業を終えた生徒が4人残っているとのこと。友達同士、机を近づけて 勉強しているのかな、と教室を覗いてみると…

他の人の時間は奪わない、が鉄則。

自分の課題や、やるべき範囲が明確なので、黙々と集中しています。(聞こえるのは書く音とページをめくる音だけ。)
お互いに話し掛けたりせず、休憩もそれぞれ取るそうです。しかし、この静けさは下校の時間になると一気に変化!

ふ~終わった~!清々しい笑顔が印象的。一気にリラックスモードになっていました。

ちなみにこの日のメンバーは学年も入学時期もバラバラ。もちろん、今やるべきこともバラバラで、それぞれが集中しています。
それでも、勉強が終われば、その日いるメンバーは自然と揃って駅に向かうそうです。目標は別々でも、すぐそばで同じように
頑張っている仲間がいるって良いなぁと思いました。

入口で、先生に帰りの挨拶。さよなら~

わいわいと話しながら駅に向かいます。お疲れ様、また明日~!

copyright 2018 Go!通信制高校 Asita LLC